読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱日記

弱男の思ったこと、感じたことを適当に書いていく。映画の話とサッカーの話が多くなる可能性大。

太陽を盗んだ男

太陽を盗んだ男をレンタルしてきて鑑賞。

f:id:Atletico9:20160925192106j:image

ジュリーこと沢田研二主演。

今は亡き菅原文太さんも出演しています。

話の本筋は、ジュリー演じる主人公が原子爆弾を作り上げ、様々な要求を国に対して突きつけていくものです。

色々と突っ込みどころのある映画ではあります。

理科の教師が原爆を作るところもそうですし、菅原文太さんがあまりにもダイハードだし。

ただそんなことはどうでもよいのです。

主人公は原爆を作りあげ、絶対的な力を手に入れます。国に対して様々なことを要求できます。

彼が原爆を作ったのは自分の世界を変えたかったからであろうし、実際に世界を変えるだけの力を持ちました。

しかし彼には具体的に何かをしたいという願望はなかったのです。

いや、あったのでしょうが、彼自身が

自分が何をしたいのか分からないのです。

何かをしたい

でも何がしたいのか分からない

 

そんな悶々とした不安や欲求、絶望を感じているのです。

 

そういった人間は今の時代、どんどん増えているのではないでしょうか?

移り行く時代の中で、生活は豊かになり、恵まれた環境にいるにもかかわらず、世界から取り残されていくような孤独。

そんな状況を変えるために何かをしたい欲求はあるのです。確実に

 

そういったなんとも言い表しがたい感情を表現した一作です。

 

主人公は最後に報われたのだろうか?

彼は救われたのだろうか?