読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱日記

弱男の思ったこと、感じたことを適当に書いていく。映画の話とサッカーの話が多くなる可能性大。

幕が上がる

映画

f:id:Atletico9:20161009153626j:image

先日レビューした青い春と一緒にレンタルしてきました。

前から気にはなっていた作品。

別にももクロが特別好きなわけで借りてきたわけではないっす。嫌いでもないけど。

まあそこはどうでも良いというか、兎にも角にも作品が面白ければ良いわけです。

と思ったのだが、この映画、思ったよりももクロ色が強い。

いや、別に演技自体はそんなに悪くない。寧ろひたむきな高校生を自然と演じられていて、結構良かったです。

ただこの映画にももクロの楽曲がイマイチ合わない。

特にエンディングとか

あと全体的に良いんですけど、明確な山場となるシーンがないというか、起伏が若干少ない気がしました。

それでも良い映画には変わりはないです。

この映画の主人公も、将来に対して漠然とした不安を抱えていて、自分の未来のイメージが見えていないのですが、今を生きることで、目の前のことに必死になることで、道が開けてくる。

何事もそうですが、今を生きられないものに明日を語る資格はないといいますか、今の積み重ねで未来が出来ていくんですね。

そんなことを思わされた映画でした。 

 

それにしても、黒木華が良かった。

演技が若手の女優の中でもずば抜けてます。