読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱日記

弱男の思ったこと、感じたことを適当に書いていく。映画の話とサッカーの話が多くなる可能性大。

生きる

映画

f:id:Atletico9:20160923201511j:image

映画「生きる」を観に行ってきました。

午前十時の映画祭というやつですね。

大学生の私は500円で観れるのです。

 

黒澤明監督作品であり、主演は七人の侍でもお馴染みの志村喬です。

退屈な役所勤めを30年関続けてきた愚鈍な男が、肺癌になったことにより、誰よりも強く"生きる"ようになる物語である。

死刑宣告ともいえる肺癌

だが死によって、生というものが初めて見えるようになる。

少なくともこの映画の主人公は肺癌であることがわかる前、それ以前の人生はまるで空っぽであるかのように、まるで死んでいるかのようなものであった。

彼は生きたのだ。死を宣告されたその時から生きはじめたのだ。

 

非常に面白かったです。黒澤明というと時代劇の印象が強いですが、現代劇であっても面白いです。

だからこその名監督なのでしょうけども

 

それにしても500円で映画を観られるってのは最高ですね。

痰絡みまくりのじっさんばっさんしかいませんでしたが(失礼