読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱日記

弱男の思ったこと、感じたことを適当に書いていく。映画の話とサッカーの話が多くなる可能性大。

2001年宇宙の旅

映画

割と名作と呼ばれている映画のなかで観ていない作品があります。
その中の一つが
"2001年宇宙の旅"

なんで今まで観なかったのだろう?

この映画、ヒジョーに評価しづらいです。巷では名作と呼ばれる反面、意味がわからないとか冗長だとか言われていたりと結構評価の分かれる作品ですね。
ただ映像の技術、そしてまだ見ぬ未来のイメージの具現化に関しては、この映画以降に作られた作品と比べても全く見劣りしません。
ここはやはり完璧主義者と呼ばれたスタンリー・キューブリックならではといったところ。

インターステラーが公開されてから、一緒に語られることが多い本作ですが、インターステラーはSFのなかでも家族愛が前面に出ているヒューマンドラマといった感じ。
一方、2001年宇宙の旅はより哲学的な内容。
ただモノリスに出会ったあとの無限の彼方に飛ばされるシーンはあまりにも長い。無限を表現するためには必要な時間設定なのかもしれないが、かなりあのシーンで眠くなりました。

面白いかどうかは別にしても、やはり同時代に作られた映画と比較しても、なんならそれ以降のSFと比較しても飛び抜けた映像表現が観られます。
そのためだけに観ても損はしない一作だとは思いますし、なかなか理解し難い内容でもあるので複数回観てみるのもいいかもしれません。